電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

債務(任意)整理を家族や会社にバレないようにしたい! 借金解決策は?

2020年09月25日
  • 任意整理
  • 債務整理
  • バレない
債務(任意)整理を家族や会社にバレないようにしたい! 借金解決策は?

令和2年9月、厚生労働省は、新型コロナウイルスの影響により、解雇・雇い止めにあった方の数が5万人を超えたと発表しました。

解雇による失業で、住宅ローンの返済が滞ったり、カードローンが返せなくなったりと、思わぬ借金問題に苦しむ人が増加することも予想されます。

借金は、友人や家族にも相談しにくく、オープンにしづらい問題であるため、ひとり追い込まれてしまうケースも少なくありません。借金をしていることを、誰にも知られたくないと隠している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし目を背けていても、借金の利息はどんどん大きくなるばかりで、解決はしません。そこで本コラムでは、家族や会社にバレないように債務整理する方法について、ベリーベスト法律事務所 岸和田オフィスの弁護士が解説します。

1、債務整理とは

債務整理とは、借金問題を解決する手続きです。借金の減額や返済免除のための手続きの総称で、主に3つの方法があります。以下より順に見ていきましょう。

  1. (1)任意整理

    任意整理とは、裁判所を通さずに直接債権者に相談し、超過利息分を計算し直してもらい、将来の利息の免除や、借金返済の分割数を増やして、月々の借金の返済額を減額してもらうなどの交渉をすることです。

    任意整理は、裁判所を通さずに貸金業者と交渉するため、生活への影響が少なく柔軟な取り決めが期待できます。また、私的なやりとりのため、周囲の人間に知られる可能性がほぼないというメリットもあります。

    ただし、あくまでも私的なやりとりになるため、交渉がうまく成立しなかったり、そもそも交渉に応じてもらえなかったりする場合もあります。信頼できる弁護士に依頼することで、交渉が進む可能性が高まるでしょう。

  2. (2)個人再生

    個人再生は、裁判所に申し立てて特定の財産を保持しながらも、大幅に借金を減額してもらう手続きです。最大で約5分の1に圧縮された借金を、原則3年間で返済します。

    また、個人再生には住宅ローン特例という制度があるため、5000万円以下の借金で、住んでいる家を手放したくない場合などには有効な手続きです。ただし、官報に名前が掲載され、新たな借り入れができなくなるなどの制約があります。家族にまったくバレずに進めることは難しいかもしれません。

  3. (3)自己破産

    自己破産とは、借金の支払いが不能であることを裁判所に認めてもらい、最低限の財産を残した他はすべて借金の返済に充て、それ以上の借金の支払い義務を免除してもらう手続きです。借金はゼロになりますので、借金問題を解決する手段としては、もっとも強力な手続きといえるでしょう。

    自己破産にはマイナスイメージを持っている方も多いかもしれません。官報に名前が掲載され、一定の職業に就くことや、新たな借金ができないなどのデメリットは確かにあります。しかし、それらはいずれも一定期間のことですので、自己破産も視野に入れて、生活を立て直すことを考えてみることも有効な手段です。ただし、この場合も家族への相談が必要となってくる場合が多いでしょう。

2、過払い金請求とは

過払い金請求とは、利息制限法の上限を超えた違法に高い利息分の支払いに対して、返還請求する手続きです。

平成18年12月の貸金業法と出資法の改正により、出資法の金利の上限は、利息制限法と同水準にまで引き下げられました。このため、平成19年以前に利息制限法を超える利率で借金を継続して返済している場合、過払い金が発生している可能性があり、その分に対して返還請求を行うことができるのです。

つまり、払いすぎた利息分を、貸金業者から取り戻すことができるのです。また、過払い金の返還請求は、借金の完済後でも行えます。

ただし、過払い金請求には最後の支払いから10年が経過すると、消滅時効により請求ができなくなる可能性があります。

3、家族にバレずに債務整理することは可能?

債務整理は方法ごとにメリットやデメリットが異なってきます。方法によっては家族や会社に借金の事実が知られる可能性があることも、知っておきましょう。

  1. (1)家族にバレやすい債務整理

    自己破産や個人再生は、債務整理をしていることを家族にバレずに進めることは難しいでしょう。これらの手続きは裁判所で行う必要があり、結果が官報という政府の新聞に掲載されるためです。

    また、自己破産の場合は債務者名義の財産が没収されてしまいますので、家族への影響も大きいでしょう。むしろ、早めに手続きを済ませて生活を健全にするためにも、家族と借金について相談して理解を求めるようにしましょう。

  2. (2)家族にバレにくい債務整理

    任意整理は貸金業者と返済減額や返済の仕方について直接交渉する手続きのため、家族にバレる可能性は低くなります。しかし、貸金業者からの連絡で家族にバレてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

4、弁護士に相談するメリット

債務整理には主に3つの方法があり、それぞれにメリット、デメリットがあることを紹介してきました。いずれの方法も、ご自身で手続きを行うことは可能です。しかし、債務整理は早急に弁護士に相談することをおすすめします。

  1. (1)債務整理が家族にバレにくくなる

    弁護士に債務整理を依頼すると、債権者からの支払いの督促がストップします。これは、貸金業法21条1項9号により、弁護士が債務の処理に介入した後は、債権者は債務者に直接督促をしてはいけないと定められているためです。

    督促がひどくなる前に、まずは弁護士へ相談しましょう。電話や手紙での督促で、家族に借金がバレるリスクが低くなります。

  2. (2)借金の返済が一時的にストップする

    弁護士に債務整理を依頼すると、債務整理の手続きが終了するまで、原則的に借金の返済はストップします。借金を返済するために、生活費を無理に切り詰めたりする必要がなくなり精神的な負担が軽減できるでしょう。また、余ったお金は生活費に回すこともできます。

    ただし、個人再生で住宅ローンを残している場合は、支払いは滞りなく行われなくてはなりませんので、注意しましょう。

  3. (3)弁護士が手続きや交渉を代行してくれる

    債務整理を弁護士に依頼すると、書類作成の作業や裁判所、債権者とのやりとりは弁護士に一任することができます。そのため、債務者が平日に裁判所に行ったり、必要書類を作成したりする労力が大幅に軽減します。

    特に任意整理の場合は貸金業者との直接交渉となるため、法的な知識を持った弁護士が代理人となって交渉を行うことで、有利な条件で交渉が成立する可能性が高まります。

    借金問題を解決しようとしても、自分がどの方法に向いているのかを的確に判断することは、個人の力では難しいものです。費用が心配な方は、まずは無料相談などを利用してみましょう。ベリーベスト法律事務所 岸和田オフィスでは、借金でお悩みの方のご負担を少しでも軽減できるよう、無料で債務整理の相談をお受けしています。まずはお気軽にご相談ください。

5、まとめ

借金問題は家族にもなかなか言い出せない問題かもしれませんが、手続きが遅れれば、その分利息が積み重なり、精神的に大変追い詰められる場合もあります。そうなる前に、まずは弁護士にご相談ください。家族にバレずに債務整理を行うために、ベリーベスト法律事務所 岸和田オフィスの弁護士が可能な限り、全力でサポートしてまいります。

  • この記事は公開日時点の法律をもとに執筆しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

岸和田オフィスの主なご相談エリア

岸和田市阿間河滝町、荒木町、池尻町、磯上町、稲葉町、今木町、上町、魚屋町、内畑町、戎町、大北町、大沢町、大手町、大町、岡山町、尾生町、葛城町、包近町、上白原町、上野町西、上野町東、上松町、紙屋町、加守町、河合町、額原町、岸城町、岸之浦町、岸の丘町、岸野町、北阪町、北町、神須屋町、神於町、小松里町、極楽寺町、五軒屋町、堺町、三ケ山町、作才町、下池田町、下野町、下松町、白原町、新港町、地蔵浜町、筋海町、相川町、田治米町、大工町、積川町、天神山町、塔原町、中井町、中北町、中之浜町、中町、流木町、並松町、西大路町、西之内町、沼町、野田町、畑町、八幡町、八田町、土生滝町、土生町、春木旭町、春木泉町、春木大小路町、春木北浜町、春木大国町、春木中町、春木本町、春木南浜町、春木宮川町、春木宮本町、春木元町、春木若松町、東大路町、東ケ丘町、、藤井町、別所町、本町、真上町、松風町、摩湯町、三田町、箕土路町、港緑町、南上町、南町、宮前町、宮本町、木材町、門前町、八阪町、山直中町、行遇町、吉井町、臨海町、和泉市、貝塚市、泉北郡忠岡町、熊取町、泉佐野市、泉南市、阪南市、美岬町、和歌山県和歌山市、紀の川市、伊都郡かつらぎ町

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ